ロサンゼルス統一学校区でのストライキ

先週月曜日14日から、ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)の先生方がストライキに入られました。LAUSDは全米で二つ目に大きい学校区で、約1,150校で735,000人足らずが学んでいます。クラスサイズの縮小、図書室司書・看護師の増員、昇給などが争点のようです。高校ではクラス当たり50人近い人数を設定しようとしているとか、日本ではどの学校にも常駐しているであろう保健の先生にもあたる看護師が学校によっては週一回しかいないことを改善してほしいとか…。ダウンタウンに集結する先生や支援者の他に、各学校に先生方やそれに賛同する保護者たち、連れられる児童生徒も一緒に登下校時にピケットラインを作っています。

 f:id:haruko41:20190119080501j:plain

私と子どもたちも地元の小学校、中学校、高校を跨ぐ二マイル程の通りでhuman chainに参加しました。デモにも参加したことがない私にとっては初めての体験。2000人もが集まり、テーマカラーの赤の服を着た老若男女が手をつなぎ、思い思いの、時には声を揃えてのチャントを叫んでいました。「〇〇(LAUSDの偉い人)は出ていけ」に混じって「これが民主主義だ!」という言葉も。鳴り物を持って歩きまわる人の他に、通りがかりの車は応援のしるしとしてクラクションを鳴らしながら通り過ぎてとても賑やかです。とてもアメリカらしい盛り上がりだという感想をママ友にすると、「アメリカらしいし、何というかロサンゼルスらしいわよね」と。彼女はジョージア州の郊外の出身でその町はもっともっと保守的なのだとか。

f:id:haruko41:20190118081929j:plain

学校そのものは開いているものの、先生がいなくては何か教えてもらえるというわけではなく、無制限にYoutubeを見せたりと「教育」を提供する場としては機能していないようです。ストライキを支援する意味でも児童生徒を自宅待機させる家庭が多く、我が家もその一つです。 ピケットラインに一緒に連れて行ってもらうため、お友達を待っている娘↓。

f:id:haruko41:20190118134501j:plain

「空がとてもきれい」と。

f:id:haruko41:20190118134428j:plain

何年か前にストライキが起こりそうになっても直前で取りやめていたので、今回もそうなると思っていましたが、開始日が延期されたにも関わらず交渉はまとまりません。前回のストライキは30年前、その際は9日間続いたと言います。今回はどのような動きになるのでしょうか。と書いたところで、上手く運べば今晩(21日)に交渉がまとまり明後日から学校が再開するかも・・・という情報がもたらされました。子供の本分の一つである学びの場に早く戻れるよう祈るばかりです。

剣道始めます。

先日11歳になった娘が剣道の稽古を始めることになりました。日本語学校のクラスメイトがいる道場に、一年程前から現地校のお友達も通い始めずっと誘われていました。今回どうしたことか見学に行く、と言い出し、実際体験してみると楽しかったよう。「道」の付くものに興味を持ってくれて嬉しいです。継続は力なり、となりますように。

Calder: Nonspace

冬休み最終日の午後、彫刻の世界に動的なものを持ち込んだとして、近代彫刻の父といわれるアレクサンダー・カルダーの展示会に家族で行ってきました。モビールの考案者なんですね。

素敵な外観のHauser&Wirth(https://www.hauserwirth.com/)が会場です。

f:id:haruko41:20190106144902j:plain

まずは室内展示から。

f:id:haruko41:20190106150002j:plain

f:id:haruko41:20190106145306j:plain

f:id:haruko41:20190106145832j:plain

屋外展示もあります。こちらにも警備員さんがしっかり配置されています。

f:id:haruko41:20190106151227j:plain

その傍には十何羽もチキンが飼われているエリアもあり、小学校でファームの手伝いをしている身としてはかなり注目してしまいます。

f:id:haruko41:20190106150454j:plain

鶏エリアとハーブと野菜のガーデンの間にもカルダーの作品が設置されています。この小型版は室内展示されていました。

f:id:haruko41:20190106150939j:plain

他にもギャラリーが二つあり、かなり前衛的な映像作品とZoe Hendersonという方の個性的な写真を展示していました。

f:id:haruko41:20190106152817j:plain

このHauser&Wirthは、四半世紀ほど前にチューリヒで現代芸術を支援する目的で設立された私的な組織らしく、ロンドン、上海、ニューヨークなど数か所で展開されているよう。併設の売店も本屋さんも冷やかすだけで楽しい。入場料は無料でした。

お洒落エリアとして数年前から話題のダウンタウンのArt Districtは、普段の生活では見ないようなこだわった身なりの方々が多数いる一方、乳幼児を連れた家族連れもかなり見受けられました。昔の任天堂のゲームで遊べる雑貨屋さんとか美味しそうなアイスクリーム屋さんも人気でした。

f:id:haruko41:20190106144801j:plain

夕食はLittle TokyoのHondayaさんの座敷でいただきました。餃子とか唐揚げとか焼き鳥とか。500メートルも離れていないのにこの雰囲気。ちょっと雑な写真ですが、お許しを。

f:id:haruko41:20190106173125j:plain

おまけ:今回はコンピューターからの更新で、iPhoneから写真を引っ張ってくるのに二度手間三度手間がかかって、挫折しそうになりました(折角アップロードしたGoogle Photo にもどうしたことか繋がれないという・・・)。ここが面倒くさいというのが更新から遠ざかっていた大きな理由の一つでした。前回はiPhone更新だったので写真はすぐ持ってこれたのですが、今回は何故か「更新する」ボタンでなく「読者になる」ボタンが出てきて、どうしてもiPhoneで編集画面に入れなかったのです(涙)。ブログを変えるかはてなAppを買おうかどうか迷っています。

明けましておめでとうございます

しばらく休眠していましたが、今年こそ少しずつ書いていこうと思います。今までとは違ってiPhone投稿なので試行錯誤になるかもしれません。

f:id:haruko41:20190101081237j:plain

今年は東京から滞在中のお友達親子と一緒に年越ししました。数日に渡るゲーム大会では、Carcassonne、Pandemic, Smallworld, Ticket to Ride, Monopolyそして坊主めくりなど盛り上がりました。

今年もよろしくお願いいたします。

師走

今年もあっという間に12月になりました。感謝祭で在宅なら必ず焼くターキー、今年は教えてもらったブライン専用バッグの効果抜群で自分で言うのも何ですが史上最高の出来となりました。 とはいえ今年のターキーはおよそ15パウンド(7kg弱)。お客様に持って帰ってもらっても、日本人としてはなかなか困る量ではあります。

休み中に観たCOCOというピクサーのアニメーション映画、お薦めです。すーはいつもの如くずっとすすり泣き、私も涙がこぼれていました。うちの男子たちの目は乾いたままのようでしたが。日本ではRemember Meというタイトルで来春公開予定のようです。

 我が家の秋のハイライトの一つは、けーが日本語補習校の運動会でリレーの選手になり、一位で受けたバトンをきちんと繋げたことです。

 気がつけば今年も後わずか、感謝の気持ちを大切に日々暮らしていきたいと思います。

すーと料理プロジェクト

先日Rさんからいただいた長方形の器、早速使わせていただいています。お素麺の具を載せたり、

ブラタチーズとトマトのサラダを盛りつけたり、もちろん焼き魚にもぴったり。

ある日曜日、すーと晩御飯を作りました。彼女が雑誌から作りたい料理を選び、買い物リストを作り、一軒では揃わない材料のためスーパーマーケットをはしごして、けーと一緒に調理開始。

メニューはChicken Salad in Lettuce CupsとProsciutto and Sage-Wrapped Mahimahi。Mahimahiがなかったので、サーモンで代用したのがこちらです。どちらも美味しくできました。

参考にした雑誌はこちら。

こちらは小学校のポットラックで好評だったスイカサラダを真似したもの。うちにあったBoursanチーズを使ったところ、時間が経つと溶けちゃう。時間が経っても形が残るフェタチーズの方がやはり良さそう。オリーブオイルと胡椒で和えるだけです。ポットラックではミント、今回はバジル、たまたま見たLA Timesではルッコラを合わせていましたので、グリーンはお好みで。

YoくんがKから預かってきたと持ち帰ってきた扇子です。故浜野保樹先生が作られた世界に100本しかない内の二本目だとか。

開けてみるとAlan Kayの名言が彼自身の筆跡で記されたものでした。 ”The Best Way to Predict the Future is to Invent It!”. 扇子難民の私ですが、来夏使うかどうか迷うところです。

家族でミニチュアゴルフ。子供たちが上手になってきました。

最後に小学校のファームのシャーロットちゃん。可愛いです。今12-3歳くらい、長生きしてね。

レイバーデーが終わり、徐々に秋の気分です。

ある水曜日、久しぶりにRさんにお目にかかり昼食をご一緒しました。経験豊富な年上のお友だちとのお喋りはとても楽しく、貴重な時間でした。クロックマダムとフライドチキン&ドーナツをシェアしていただきました。

ドーナツの上にはベーコンとチャイブ、フライドチキンは仄かに甘くしてあります。アメリカン!

土鍋をいただけると聞いていましたが、それ以外にもたくさんのカトラリーなどのみならず、巨峰と大根葉までいただきました。感謝です。

夫と出かけた近所のお寿司屋さんにて。エビの春巻きをセビーチェソースとバターレタスでくるくる巻いていただくお店のシグニチャー、パリパリの食感で美味でした。そしてこの方の握るお寿司は何故か美味しい。

レイバーデーに出かけたLeo Carrillo State Beachは波が荒い!子供たちはごろごろと波にもまれ、砂まみれになっても楽しそうに立ち向かっていました。

帰るころにやっと雲が晴れ、青空が見えてきました。だんだん新年度が本格的に進んでいきます。徐々に秋の気分ですが、まだまだLAは暑いです。